ダウナー喫茶はこんなところ

ダウナー喫茶はこんなところ

ダウナー喫茶はこんなところ
  • こぎれいなお洒落カフェではないよ
  • 床は木でできているよ
  • 騒がしい音楽はかからないよ
  • すっごくくつろげるソファーがあるよ
  • がいるよ
  • 中二階があるよ
  • メニューは手書きだよ
    • 筆ペン部の人が「だるー」とか言いながら気持ちをこめて書いているよ
  • 古本屋も兼ねていて、店の片隅で趣味の良い古本を売っているよ。本を持って行ったら買い取ってもくれるよ。
  • 照明は間接照明だよ
  • 金魚を飼っているよ。とも仲良しだよ。
  • ハンモックがあるよ
    • 用にゃんモックもあるよ
  • ソファーもあるけど、畳に座布団の席もあるよ
    • 畳の部屋は奥の方にあるよ。思う存分畳の上でごろごろできるよ。
    • 谷崎潤一郎先生ご愛用の座椅子もあるよ
    • (本物は特別展のときに公開展示されるだけだけど、レプリカ・モデルがいくつかあるよ。店内貸し出ししてるからブンゴーの気分を味わえるよ。燻したような匂いがレトロでダルだよ。)
  • 運がよければだうマスターに会えるよ
  • 食事メニューの材料には気をつかっているらしい
    • 減農薬野菜とか地鶏とか。自然派?健康派?
    • それでもダウナー
  • 眠ってもいい!
    • しかも安全。安心して眠れるよ。
    • お手回り品は……。大丈夫。誰かが見ていてくれるらしいよ。
    • (見回りは「にゃんこ隊長」の役目という噂あり。でも、お客さんの目には見えないらしいよ。)
  • 「My 枕」の持ち込みもOKだって。
  • カリンバが置いてあるので気ままに鳴らしてよいよ
  • ハーブの苗を売っているよ