Our☆Odyssey

2006-01-12

yottiyatama20060112

私って、すっごい狭い世界の生き物だ。

 気づいたら、外界のことを知らずにいた。

 狭い世界の中で、それが普通なのかと勘違いしてた。

 全然違った。

 世界はもっと広かった。

 私が今いる世界の中での、ちっちゃな常識は、ローカルルールでしかなかった。

 きついきつい枠の中にはめられた、一定の考えの下に生きている集団。

 でも、久しぶりに地元に戻って、地元の友達と会って、自分が狭い世界の住人になっちゃってたことに気づいた。

 気づけてよかった。

 そして、これから一生の仲間として付き合ってくなら、今の世界の人じゃない人がいいと思った。

 地球の男に飽きたところなのよ。

 私にいろんなものを与えてくれる人がそこにはいた。

 確かに、今いる世界の人も、私に多くのものを与えてくれる。

 これから生きてくための、術。

 専門的な知識。

 同業者としての意見。愛。

 そして、一部の人(あるいは多くの人なのかもしれない)の固執した考え。

 そんな中で、自分の無知な部分を隠して隠して、ただ横で笑ってた。

 

 地元の友達は、私が置かれてる世界とは違うとこに住んでた。

 みんなみんな。

 そして、私の忘れかけてた、忘れてしまったものを教えてくれた。

 私は、こんな狭い世界で、焦ったり、いじけたり、ひがんだりしてたんだ。

 ちょっとバカみたい。

 でも、今回みんなに会わなかったら、このゆがんだ空間意識のまま、大人になって、この仕事を続けていくことになってたのかと思うと恐ろしくなる。

 危ないところだった…

2006-01-11

最近、安定してる。

成人式とその後の飲み会に行って、いろんなものから解放された。

この何年間も囚われ続けていた思いとか恐怖とか。

すべてに…とはいかないけど、ほとんどのものに決着をつけてこれた。

良かった。

後悔し始めたらきりがない。

もし…とかあの時こうすればよかった

こう言えばよかった、言わなければよかった

そんなことは数え切れないほど山ほどある。




でも、今はすべてを包んでひとつの引き出しを作れる気がした

許されるのかな。

わからない。

でも、そうすることで、今この場所から次に歩き出せそうだ。

どこに行くのか、行けばいいのかなんて分からない。

でも、立ち止まったままの私の時間はやっと進み始める。

きっと。

そう思う。

JonnieJonnie2012/10/28 00:41That's a smart way of tnhiknig about it.

aynnlxllfaynnlxllf2012/10/28 15:001tfoht <a href="http://hkgafwiiiwqw.com/">hkgafwiiiwqw</a>

xghpccvxghpccv2012/10/29 09:18RSyfwf , [url=http://urihinsfquxf.com/]urihinsfquxf[/url], [link=http://bkupaaxpslpn.com/]bkupaaxpslpn[/link], http://ufjdbxccugbe.com/

salhuliunesalhuliune2012/10/29 14:39jviQ8e <a href="http://eyecrkbzdpei.com/">eyecrkbzdpei</a>

2006-01-10

yottiyatama20060110

久しぶりの学校

まずは羽田から旭川までやってきた。

今の私にはここにいる以外に道はない。

自分で選んだ道なのだから。

帰るべき場所もない。

だからここにいるのかもしれない。

昨日分かったこと。

痛いくらいずっしりと突き刺さったこと。

みんなそれぞれの場所で、それぞれの境遇で毎日こなしてる。

頑張ってる。

私も頑張ろう。

焦る必要はない。

私も彼らと同じように、一歩一歩あわてずに進めばいいんだ。

付いていけないスピードに追いかけられ追いかけるのはもうやめよう。

そんなんでふらふらしたり、倒れそうになったり、折れそうになったり。

辛くなるのは結局自分なんだってことを知った。

できないことを背伸びしすぎちゃ、できることも届かないよ。



そして思った。

私には帰る場所はないけど、あの場所にはあったかさがある。

あそこは私の帰っていい場所、許された場所なのかもしれない。

今まで知らなかった、いや、気づいてなかった拠り所になってくれそう。



寿司屋になりたい人は寿司屋になる。これ幸せ

中学校時代の恩師の言葉。

よく言ってた。あと、思い出は真珠の輝きっていうのもよく言ってた。

自分のやりたいことをできる幸せをもっと感じられたらって思う。

自分で決めた道で、大きな希望と理想を抱えてやってきた。

それなのに…。



前に進みたい。

今なら、私も前にいけそうだよ?

2006-01-09今日から

新しいアカウント日記をつけることにします。

 もうひとつのは、部活のこととか、私の日常を具体的に赤裸々に語りすぎてて、人に見せられるもんじゃないし、きっと見る人も気分が悪いと思うので。

 

 今日は成人式。懐かしい顔ぶればっかだった。

 みんな中身は変わってない。

 あのころのまま。

 見た目は変わったけど…。

 私は全然変わってないって言われた。

 思った。私は外見は変わってないけど、中身は変わったのかも知れない。

 あのころみたいに、純粋じゃないんだよもう。

 それだけじゃ生きていけなくなったんだよ。

 どうしてなのか分からないけど。

 周りのことばっか気にして、自分をもてないくせに自己中な私。

 ちょっとしたことに、左右されて、何も守れなくなった私。

 自分さえ、持て余してる。 

 あのころは大事な人を守りたいって、支えたいって幼いながらも思ったのに。

 今のあたしは甘えてばっか。

 それなのに、孤独で、寂しくて誰かに寄りかかりたいと思ってる。

 

 自分勝手な私。



 でも、みんなに会えてよかった。

 今の「あたし」で会うことに意味があった。

 学歴とか経歴とか仕事とか、そんなん関係なく楽しい会話ができる。

 建前もポジション存在しない時から存在するトモダチ関係。

 君「自身」と話ができるんだ。

 今のあたしには、みんなの笑顔と言葉と、差し出される手とつながる手が必要だったんだ。

 

 昨日までのあたしは、頑張らなきゃ頑張らなきゃって焦りしかなかった。

 焦ってるのに前に進まない。

 さらに焦るのに、何も変わらない。

 折れそうになってた。

 でも、今はそうじゃなく思える。 

 頑張らなきゃじゃなくて、頑張ろうと思えた。

 今あるのは、焦りじゃない。

 なんていうかな、前向きな希望の意思。

 ありがとう。

 もうちょっと、踏ん張れそうだよ。

 一人帰る場所もないけど、この場所でもうちょっとやれそうな気分だ。

 ちょっとの間でもそんな気持ちにしてくれたのは、あたしの昔からのトモダチ。